連絡して適切に駆除|アライグマや鳩などの害獣による被害

男女

鳩による主な害鳥被害

ハト

近年、鳩による害鳥被害が多く発生しています。日本各地に生息している鳩はその数の多さと習性から害鳥として指定され、様々な被害を引き起こしているのです。この害鳥による被害が発生している場所は様々で、集合住宅や一戸建住宅、公共施設、商業施設、工場・倉庫、駐車場、医療機関、橋梁があげられます。そういった場所で鳩が発生させる害鳥被害の主な内容には糞害や食害、騒音被害、衛生被害があるため対策が必要なのです。
鳩による害鳥被害の一つである糞害は特に代表的で、その被害は頻繁に起きています。この害鳥は習性として毎日同じ生活動線を辿る傾向が見られます。そのため、同じ場所に繰り返し糞を行ない、美観被害や衛生被害を引き起こすのです。定期的に糞をする場所が駐車場であったり洗濯物を干すところであったりした際には、そこを利用する人の生活に支障を及ぼすでしょう。また、鳩の糞中にはクリプトコッカスと呼ばれる人間に感染する真菌類を含んでいるため危険なのです。クリプトコッカスは糞が乾燥し、細かい塵となった際にその塵と一緒に空中へ飛散します。それを人間が吸い込んでしまうことで感染してしまう感染症で、その症状は肺炎に似たような症状がみられます。個人で行える対策は数多くありますが、この害鳥はしつこい性格のため効果がないことが多々あります。そういなってしまった際には専門の駆除業者に依頼して適切な対策を行ってもらう必要があるでしょう。駆除業者に対策を依頼した際の相場は約2万円からとされています。少々高額な対策費用となりますが、自身の健康面と快適な生活を守るために必要な出費といえるでしょう。