連絡して適切に駆除|アライグマや鳩などの害獣による被害

男女

シロアリの被害と痕跡

白蟻

害虫被害の中で住宅に大きな被害を及ぼすものに、シロアリによる被害があります。この害虫による被害というのは主に、住宅に使われている木製の建材を食い荒らされダメにされてしまうといった被害です。この被害は気づくのが遅ければ遅いほど多くの建材を食い荒らされ、被害総額は高額なものとなってしまうでしょう。そうなってしまう前に専門の駆除業者に依頼して駆除してもらう必要があるのです。
シロアリにより被害が重度に進行してしまう前に専門駆除業者に依頼するためには、シロアリが住宅に侵入した際に残す痕跡について知っておく必要があります。その痕跡というのは複数あり、その一つとして蟻土と呼ばれるものがあります。蟻土というのは木材表面やコンクリートの隙間等に付着している土で、シロアリが運んできたものです。次に、羽アリの発生があげられます。羽アリが多く発生している場合、シロアリによる被害が大きく進行している可能性があるため、早急に専門駆除業者を呼ぶ必要があるでしょう。その種類がヤマトシロアリだった場合には木材のみの被害で済みますが、イエシロアリと呼ばれる種類だった場合には更に大きな被害が発生します。この種は木材だけでなくプラスチックや発泡スチロール、コンクリートといった人工物も餌とするのです。専門の駆除業者であれば、専用の薬剤を用いて適切に駆除を行なってくれます。再発防止対策も行ってくれる他、再発時のための保証制度のある業者もいるため、安心して駆除を任せることができるでしょう。